図書館とパンと少しのワイン。

本日のランチ。 野菜たっぷり!「辛ラーメン」!!! 

毎日寒いですね~。。。
そんな日のランチは熱くて辛~い「辛ラーメン」が美味しいのです!
今回はラッキーなことに1袋増量パックを見つけました(笑)

ハングルは読めないけれど「30周年記念」なのかな~?
日本仕様のパックは入り数が少なくコスパが悪いので「本国仕様」がオススメです!(笑)

e0240426_17503240.jpg

以前に読んだ、コウ・ケンテツさんのレシピ本に
「辛ラーメンはのびにくい麺で、具だくさんで煮込んで食べる」とありました。
ウチではそれに倣って野菜たっぷりの「チゲ」っぽくして食べています。
簡単に美味しく野菜がたくさん食べられるのってウレシイですよね~。

材料 1人分です。
○辛ラーメン1袋  ○冷凍スープストック 150g  ○ ウインナ2本  ○卵 1個
○長ネギ  ○たまねぎ  ○大根  ○白菜  ○しいたけ ○ゆずの皮
野菜はお好みの量で何でも入れちゃってください。
豚バラスライス、もやし、にら、キャベツ、キノコなども合いますよ~。 
とにかく具だくさんがおいしいラーメンなのです。
(画像右端 ビニールに入った固体がスープストック)

e0240426_17504772.jpge0240426_17510113.jpg














野菜は薄切り。 水から沸騰3分で火が通るサイズに切ります。
今回は大根、たまねぎ、白菜の下のほうなど煮えにくい野菜を水から火にかけました。
水の量は400cc~500cc 麺のゆで時間は3~4分でいいと思います。


e0240426_17511807.jpg今回は冷凍のスープストック(魚)を足して500ccです。
そのほか、豚しゃぶや鶏肉をゆでたお湯、
大根おろしを絞った水分などもスープにしちゃいます。
どれも美味しいので、捨ててしまったらもったいないですよ~!(笑)

何もないときは「コチジャン」を小さじ1ほど使うとコクが出ます。

ウインナー1本は薄切り、1本はそのまま沸騰したら加えます。
付属の粉末スープと具、麺を入れスープに浸し、
残りの野菜(椎茸、白菜の葉、ねぎ)と卵をのせ3分間煮込みます。
途中、軽く麺をほぐします。

煮込みすぎを防ぐためウチではキッチンタイマーで3分厳守!(笑)


e0240426_17512760.jpg


火を止めたらごま油とハバネロをかけ、刻んだゆずの皮をたっぷり散らして頂きます。

まだ生っぽい卵は麺で覆って半熟になってからゆっくり食べてください(笑)
麺は少し固めの状態から食べ始め、野菜を食べているうちに好みの状態になります。
つぶして溶け出した卵の黄味を麺に絡めて食べると幸せな気分ですよ~。

この辛ラーメンとゆずの皮はとても合うんです。
ぜひ試してくださいね。


e0240426_17514154.jpge0240426_17514815.jpg














「鍋のまま」は行儀は悪いのですが「あつあつ」を「ふーふー」言って食べるのが美味しいのです。
今回は魚のスープが美味しくて超満足なランチでした~(笑)

それから、洗い物も最小限で済むのもお気に入りの理由です…。

ちなみにこの鍋はずーっと昔に購入した「無印のミルクパン」1リットル。。。
注ぎ口がついていますが、ここから丼に注ぐとラーメンのスープが「びちゃびちゃ」にこぼれます…。

ま~言い訳にもならないんですけどね……(笑)





[PR]

# by mm762c | 2016-12-01 19:31 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ぼつネタ。。。

年末も近いので、最近の画像で「ぼつ」になったものを少し。。。

e0240426_18534141.jpg

まずは蛾!
あまりにカッコいいので10枚ほど激写してしまいました!
ぱっと見、顔が人間っぽいでしょ?(笑)
大きく写っていますが1cmあるかどうかの小さな蛾です。
格子に見えるのは「防火網入りガラス」の網なのですから…。
ガラスをはさんでウラとオモテだったのでこの距離の撮影ができました。

蚊はまったく居なくなりましたが、今でも蛾は寒さのなか、ときどき飛んでいますね。

e0240426_18543699.jpge0240426_18542737.jpg













次は献血の記念品。
400ml献血だと「1年間に3回」と決められているのです。
次の杯は確か50回…。 何年後になるかな~。
10回目に頂いた、ブルーの杯もついでに…(笑)

e0240426_18545727.jpge0240426_18544799.jpg













東京に降った雪。
11月に降ったのは54年ぶりとか。。。
いつも見えるスカイツリーも見えません…。

e0240426_18540951.jpg

寒くなったのでオーブンを暖房代わりにするべく「菓子焼き」!
ウチの定番、ガトーショコラパウンドケーキ。

ガトーショコラは冷凍して、パウンドケーキは冷蔵庫で保存してしばらく楽しめます。

e0240426_18553540.jpge0240426_18552441.jpg













在庫がなくなったので「ドライフルーツの洋酒漬け」を作ったり…。
これだけあれば2年は持つかな~。
今回はレーズン・イチジク・アンズ・マンゴーで。
保存ビンは煮沸してから仕込んでいます。

保存ビン1本でおよそ900g。ウチのパウンドケーキで4本焼けます。

e0240426_19113126.jpge0240426_19114311.jpg










e0240426_19115568.jpg

今月4回目の地魚セットはこんなメンバー!
「マゴチ」を初めてさばきました。
小さいしましまは「イシダイ」です。

いろいろな種類の魚をさばきましたが、体の構造がさまざまで興味深いです。
真ん中の「マトウダイ」は鯛というより「カワハギ」の仲間の構造でした。
さばき方はそのつどネットで調べて対応しています。便利な世の中ですね~。

もちろん、味もさまざまですよ。
お刺身の食べ比べは毎回の楽しみになっています。
この回のお刺身No1は「甲イカ」だったかな~。

e0240426_18554491.jpg

今月、更新が少なめなのでゆるいネタでごまかしています。。。(苦笑…)







[PR]

# by mm762c | 2016-11-27 10:42 | 日常 | Trackback | Comments(0)

魚を食べる!!!

この秋、地魚セットがお気に入りで楽しんでいます。
気がついたら2ヶ月間で4回注文していました…(笑)

e0240426_15353079.jpg

今回は「アラ」でスープを取ります。
ココを捨ててしまっては魚が成仏できませんからね~!(笑)
お刺身を作るたびに「頭・中骨・はら骨・皮」も捨てずにチルドルームで保管しています。

中央の大きな頭が「サゴシ」12時の位置の長い顔が「太刀魚」です。
画像では小さく見えますがそれぞれの体長は50~60cmくらいありました。
ちなみにこのザルも直径30cmだと思います。

こうやって眺めると、骨に身がタップリ付いてますね…。包丁の未熟さを痛感させられます…(笑)
余すところなく「身」を食べるのなら焼くか煮るかなのですが、鮮度がイイときは刺身が魅力的です。
今回は小さな「キス」も刺身で食べちゃいました。

ちなみに鯛のアラは別扱いで、お刺身と一緒に「潮汁」でいただきます。


e0240426_15354784.jpge0240426_15355921.jpg













まずは、やかんにいっぱいの熱湯をまわしかけ魚の臭みを取ります。
この「霜降り」の作業は必ずやっています。スープの臭みが格段に違います。

e0240426_15361444.jpge0240426_15363080.jpg













霜降りの後、鍋を水から火にかけます。
日本酒を100ccほど入れ、煮立ったら火を弱めアクをとりながら30分ほど煮出します。
日本酒の代わりに、白ワインを使った洋風もおすすめです!

e0240426_15364323.jpge0240426_15365922.jpg













ザルにキッチンペーパーを敷いてスープをこします。
鍋の底に残った骨と身をすりこ木でゴツゴツとつぶしていきます。
少し水を足し、もう一度火にかけ、魚のエキスを出しつくします!
最後に3重くらいに厚めにしたキッチンペーパーで包み手で絞りつくします。画像右上(笑)
骨が手に刺さるので注意してくださいね!

塩と砂糖で味をつけて完成です。
見るからに「濃厚」なスープがとれました。
自分の場合、味噌汁の塩加減を基本に味をつけます。

そしてそのスープを使って、ランチにリゾット。
黄色く見えるのはスープにサフランを加えたためです。 トッピングは「サゴシのソテー」です。
リゾットのレシピはこちら。
e0240426_16403546.jpg
残ったスープは小分けし冷凍。 お鍋のスープにも美味しいですし、スンドゥブも作れます。
サフラン、オリーブ油、ニンニクを使ってパエリア、アクアパッツァなどにも…。
簡単ランチに「辛ラーメン」のグレードアップに使うのがお最近の気に入りです。


あっ! 
そうそう、言い忘れましたが魚を扱ったあとの生ゴミは「冷凍庫」で保存ですよ!
くれぐれもお忘れにならないように…(笑)







[PR]

# by mm762c | 2016-11-23 17:00 | 料理 | Trackback | Comments(0)

本日のランチ。 バジルたっぷりマルゲリータ! 

小春日和の土曜日。  焼きたてのピザでランチです。

e0240426_16102849.jpg
夏の植物であるバジルですが、環境によってはもう少し楽しめます。
ですがもう11月。。。 今年のバジルの食べ納めのつもりでピザを仕込みました。
毎年、バジルを育ててくれる父に食べてもらうためです。

e0240426_16092489.jpge0240426_16093131.jpg













数日前に仕込んで昨夜食べたピザ、最後の1枚でランチです。
夜の料理では画像が暗いのでランチ用に1枚分残しておきました。

ピザ生地は発酵が終わったら冷蔵庫で2.3日は軽く保存がききます。
焼く数時間前に冷蔵庫から出し「常温に戻す」のが薄くのばすコツです。

今回のソースはウチの定番、アンチョビ・黒オリーブ・ケッパーのトマトソース「プッタネスカ」です。
ウチのブログ内にリンクをと思ったらレシピが無いんですね~(笑)
今度、簡単なレシピを紹介しますね。缶詰と瓶詰めでできるんですよ。

チーズは大袋のフツーのピザ用チーズ!
以前は凝って「モッツァレラ」も使いましたが高くって…(笑)

しかも「特別にウマイ!」とは思えないんですよね。。。


e0240426_16093822.jpge0240426_16094652.jpg













1枚だけ焼くので作業台は出さずに天板の上でのばします。
最初は麺棒で大まかに伸ばしていき、左手の甲にのせ右手でふちを引っ張り、自重と遠心力でのばしていきます。
こうすると中心部分が薄く、円周部分に厚みがある生地になります。
好みの大きさ、厚さ、形になるまで2つの作業を繰り返します。

e0240426_16095321.jpg
のばした生地にEXVオリーブ油をぬり、ソースをぬります。
摘みたてのバジルをタップリとのせ、その上にチーズをのせて焼きます。

ピザの直径は30cm程度。 麺棒と比べても大きさがわかりますね。

ブログネタのつもりだったのですが不細工な仕上がりですね…(笑)
1時間の昼休み、焦って料理しているのでスミマセン。。。


e0240426_16100169.jpge0240426_16101094.jpg













オーブンは300度で10分予熱。 上段にあらかじめ厚めのステン板をセットしておきます。

300度で「7~10分」焼きます。
生地の裏側を見てイイ焼き色がついたら焼き上がりです。

e0240426_16102136.jpg
ランチなのでワインが無いのがとても残念です…。
皿に移す時間を惜しんで熱々で頂きました。

e0240426_16103668.jpg
薄めの生地はサクサクでパリパリ~。
手で持っても「べろ~ん」と垂れ下がったりはしない焼き上がり!

裏の焼き色はこんな感じです。

e0240426_16104352.jpg
決め手は「ステン板」!  厚めでずっしりと重いのですが
しっかり予熱することで「ピザストーン」のような効果があります。
その上に熱伝導率の良い「薄い銅板」をのせて焼くので下火が強烈に効くのです!

見た目は地味ですが美味いピザで、1枚軽く食べちゃいました…(笑)
ピザを食べるときは「カロリー」は気にしてはいけないのです…。


余談です。。。

隣に写りこんでいる空き瓶についてはノーコメントということで…(笑)






[PR]

# by mm762c | 2016-11-12 17:56 | 料理 | Trackback | Comments(0)