図書館とパンと少しのワイン。

プリンス。


プリンスのアルバムを買いました。 「HITnRUN Phase Two」

e0240426_19151980.jpg

今まで数えたことはありませんでしたが、これでウチにあるプリンスのアルバムは31組になりました。
なぜ「組」なのかというと2枚組み、3枚組みのアルバムが多数あるのです。

e0240426_19153973.jpg

中学生のころ友人と一緒に「ただ券」で見た映画「パープルレイン」でファンになりました(笑)

「パープルレイン」はビデオでも持っていて繰り返しみました。
当時はビデオソフトって高価でした。 
現在はVHSデッキもなく、長い間見ることができなくなっていました…。

しかし、AMAZONさんでDVDが1枚¥1000。 
おもわずオトナ買い…(笑)

久しぶりに見た「パープルレイン」。 プリンスはやっぱりカッコよかった……。
e0240426_19145116.jpg









[PR]

# by mm762c | 2016-05-23 19:30 | CD | Trackback | Comments(0)

「若冲展」に行ってきた~。

先週の日曜日「若冲展」見てきました。。。

開催前からNHKなどで頻繁に取り上げられていたのできっと大混雑だろうなと予想して、
大型連休あけ、時間延長の金曜日、夕方6時、終業後大急ぎで行ってみると……。
予想外の大行列! 
現在の時間に「待ち時間120分」を足すと閉館時間を過ぎてしまいます。
仕方なくチケットのみ購入し日曜日に出直すことになりました。

e0240426_11171716.jpg

日曜日、朝7時半に上野駅公園口を出ると、ナゼか皆さん足早に歩いて行きます…。
美術館前に到着して啞然。 スゴイ人の数なのです。。。 
「開館2時間前でこの行列か~…」と驚きながら最後尾を目指します。
歩いても歩いても最後尾は見つからず、「えっ、まだなの?」って独り苦笑してしまいました(笑)
最後尾にたどり着き、周りの人の会話に聞き耳をたてるとこの位置で「2時間待ち」だとか…。

この日は朝からとんでもない快晴で日差しが強く、暑くなりそうだな~と思っていたら
美術館のスタッフが台車に「日傘」をたくさん積んで配ってくれました。
残念ながら自分が渡されたのは「雨傘(笑)」でしたが、「ぽたっ…」と傘をたたく音に頭上を見上げると
雨ではなく「鳥糞」。。。
おかげさまで想定外の飛来物3個からも身を守ることができました(笑)

並びながら「最後尾を目指す人々」を見ていたのですが、あまりの行列の長さに自分同様、
つい笑っちゃってる人が何人も見られました。 人間のリアクションってオモシロいですね。

若冲の作品については語る必要はありませんね~(笑)

早起きして2時間ちょっと並びましたが「満足」な絵画鑑賞でした。
展示されている作品数が多く「こんなにいっぱい見せてくれるんだ!」と嬉しくなりました。
そのひとりひとりの満足感が口コミで広がり「大行列」になっているのかもしれませんね。

ちなみに、今日も180分待ちだったようです。。。

e0240426_15475665.jpg

帰りにはアメ横の地下でアジアの食材を調達し、
ランチバイキングのインドカレーを「食いだめ」し超満腹で帰宅したのでした。。。
(ハバネロパウダー・台湾のピータン・タイのナンプラー…)









[PR]

# by mm762c | 2016-05-22 16:07 | 日常 | Trackback | Comments(0)

春の来客…。

先日の朝、来客がありまして……。

そしてそのまま、居ついてしまいました。。。(笑)


e0240426_18524341.jpge0240426_18530009.jpg













朝、水遣りをしていた父が「玄関にお客さん来てるぞ~(笑)」と教えてくれました。

ちょっと小さくて見にくいですね~。
ご要望にお応えしまして拡大画像です!

e0240426_12130215.jpge0240426_12124645.jpg





























アゲハの幼虫です。
隣の花壇のみかんの木から20mも歩いてきたのか?
ウチの屋上の柑橘系の木から10mも下りてきたのか、
どちらにしてもちょっとビックリです。

「サナギ」になる場所を探してココにたどり着いたのだとすれば、
「ついてない」幼虫クンです。。。
「黒い壁にキレイな緑色」はホントによく目立ちます。
鳥や蜂に見つかるのも心配ですが、
ウチの前は通学路になっているので「天敵」は小学生かもしれません…。

e0240426_12122117.jpge0240426_12115376.jpg





























2日後。。。
東京湾アクアラインが通行止め、電車も止まるほどの強風の中、無事にサナギになっていました。

拡大してみると形も色も肌の質感も変化しています。
さなぎの中では、どろどろに溶けて「カラダ」が作り直されているそうです…。
蝶って不思議な生き物ですよね~。。。

無事に「ちょうちょ」になるといいな~。










[PR]

# by mm762c | 2016-05-13 12:46 | 日常 | Trackback | Comments(0)

本日のランチ。香りが命!グリーンカレー!

今年も連休はウチでダラダラと過ごしました。。。
混雑も渋滞も最近は苦手になってしまいまして…。

そんななか、両親が妹の家に行くというので「焼きたてのカンパ」を届けてもらいました。

カンパはいつも2個焼くため、手元にも焼きたてのカンパがのこりました。
せっかくですからヒマに任せて、グリーンカレーでランチにします(笑)

焼きたてカンパのカリカリの部分をスープに浸して食べるのは美味しいんですよね~。
e0240426_16484004.jpg
材料およそ4人分です。
○グリーンカレーペースト50g  ○ココナッツクリーム(粉末1袋60g)  
○こぶみかんの葉20枚(生!)  ○ナンプラー大さじ3くらい  ○砂糖大さじ3くらい

○鶏肉300g  ○ナス2本  ○にんじん1本  ○たけのこ(あまりもの…)
○しめじ半パック  ○きくらげ(好みで)  ○サラダ油大さじ2  ○バジル(好きなだけ!)

e0240426_16480465.jpg
このカレーはほとんど煮込まず30分ほどで仕上げます。
食材を入れる順番、火加減がポイントです。
できたてをスグに食べてください!
グリーンカレーは香りが命ですから!(笑)

にんじんとナスは縦2つに割って大きめ一口大の乱切り、たけのこは細切り、鶏肉は1口大に切ります。
グリーンカレーの鶏肉は「せせり」という首の肉を使っています。
うまみが強く、歯ごたえがあり、このカレーにぴったりです。

e0240426_16481052.jpge0240426_16481641.jpg















フライパンを火にかけ熱しサラダ油を入れ、カレーペーストを入れ中火で鶏肉を炒めます。
このとき、けっこう跳ねるので注意してください。火が通ったら水を400cc入れ火を強めます。
ここで、にんじんとたけのこ、こぶみかんの葉を入れます。
こぶみかんの葉は「生」がだんぜん香りがイイです! 1度使ったらドライは使えなくなりますよ…。
「使い切れないかな…」と思っても冷凍で長期保存ができるのでおススメです。
ふたをして15分中火で煮ます。

15分たったら、ナス、しめじ、きくらげを入れ、ふたをしてさらに5分煮ます。
お箸ですき間をあけ、ナスがスープに浸るようにしてください。 この間に熱湯を150cc用意します。

e0240426_16482152.jpge0240426_16482890.jpg













左画像  5分たってナスがスープを吸って煮あがった状態。 スープが減っていますね。

粉末のココナッツクリームをボールに入れ、150ccの熱湯でよ~く溶かし、鍋に加えます。
砂糖大さじ3とナンプラー大さじ4を加えて味をみます。 最初に甘みがきて後味が辛いのが目安です。

右画像  ひと煮立ちで火を止めます。ココナッツの香りが飛ぶので沸騰は厳禁です!

今現在、ウチの屋上菜園ではバジルは芽を出したばかり。。。
今回は最近お気に入りの「パクチー」をのせてみました…。
色合いは非常によろしいのですが、可も不可もない感じ…悪くはないですよ…でもね~(笑)

今回は「グリーンカレーとバジル」の相性の良さを痛感いたしました。。。



そして・・・ 数日後のお昼。。。


e0240426_16473750.jpg

冷蔵庫で保存していたカレーを、ランチに「ご飯」でいただきます。
昨日残ったごはんの「おにぎり」。 温泉卵と彩りに青ねぎをトッピング。

「パン」と「ご飯」では味わいが違いますからね~(笑)

e0240426_16473121.jpge0240426_16474309.jpg  














グリーンカレーは作り置きにすると「香り」が飛んでしまうため裏ワザを使います!

ナンプラー、ココナッツオイル、バジル(今回はネギ…)をチョイ足しします。
こうすると香りが格段にアップ! 

レトルトや缶入りのグリーンカレーにも効果絶大です。

ココナッツオイルはパン焼き仲間からの差入れです。
パンにはもちろん、タイ料理にも美味しいですね~。






[PR]

# by mm762c | 2016-05-08 14:31 | レシピ | Trackback | Comments(0)