図書館とパンと少しのワイン。

ブログ開設5周年のご挨拶。。。

幼虫を追いかけてはや数年…。
春に決定的なチャンスを逃したのが悔やまれましたが、
この秋、やっとアオスジアゲハの羽化直後の姿を見ることができました!

まだ羽が濡れていてしわくちゃです…。

e0240426_19572397.jpg

今回の幼虫たちは幸運にも「スズメの家族」が子育てが終わり、引っ越したあとの孵化でした。
真夏の太陽で葉っぱもたくさん茂り、お腹いっぱい食べ、大きな幼虫に育ちました。
幼虫は「6匹」確認していたのですが、その中で1番大きな子が観察しやすい位置でサナギになってくれました。

カレンダーの「サナギになった日」に大きな丸印をつけ羽化を待ちます…。


e0240426_19563792.jpge0240426_19565278.jpg















しかし運悪く、関東地方は台風接近と秋の長雨でずーっと雨でした…。
雨の中、毎朝さなぎをチェックします。 中が透けてくるのが羽化の合図! 前回の経験を生かさなければ!!!

そして2週間ほどたった雨の止んだ日の朝、3個のサナギが黒くなっていました!
右下画像、普段のさなぎは葉っぱの裏と色もスジまでもそっくりでコンパクトカメラではピントが合いません。。。


e0240426_19570698.jpge0240426_19571406.jpg













見つけたのは良いのですが、何せ仕事中…見張っている訳にもいかず時どき様子を見に行きます。
「始まる気配がないな~」と思っていたら、お昼前11時ごろ、もう出てきちゃってました…(笑)

この日、午後2時にも1匹、翌朝までにもう1匹が羽化したようでした。

今日現在、さなぎの抜け殻は4個。 
確認できている最後のさなぎが明日あたり羽化しそうな予感です。。。
今シーズン最後のチャンスになりそうです。 
羽化の瞬間が見られるとイイな~。




前置きはこのあたりで。。。
9月27日でウチのブログは5周年になります。
5年目にもなると毎回のネタに「目新しさが無いな~…」と自ら思ってしまいます…。
写真を準備しても「なにかパッとしない」という理由でボツになったネタもありますし、
読書のあとも、いつも感想をメモして残しているのですが、
上手くまとめることができずアップに至らない未熟な自分です…。
今回はちょっとグチっぽいですね~(笑)

ま~「だらだら」しているのがウチのブログの持ち味ですからね。
これからも細々と続けていければと思っております。

いつも見に来てくれて、ありがとうございます!!!

mm762c


幼虫ネタが気に入ってくれた方へ。
下の「タグ」で「幼虫」をクリックしていただけると
過去の幼虫たちが見ることができます。。。







[PR]

# by mm762c | 2016-09-26 21:15 | ブログの自己紹介 | Trackback | Comments(0)

「天才」  石原慎太郎

e0240426_18543686.jpgデータ
書名                      天才
著者名                 石原慎太郎/著
出版社                  東京 幻冬舎
出版年月                 2016.1
価格                     1400円
ページ数                   226p
蔵書数                      19冊
現在の予約人数               167人
予約日                  2016年4月12日

自分の世代では作家というより「都知事」として認識している石原慎太郎さんの話題作です!新聞広告で存在を知り読んでみたくなりました。

今回も予備知識なしでこの本を手にしたのですが、装丁の写真の素晴らしさにヤラレました…(笑)  大きな裁ちバサミで自らのヒゲを整える角栄さん…。  なんとなく「人となり」がにじみ出るような写真です。
もし自分の生涯に、こんな写真があったら「遺影」に決定です!(笑)

この本、角栄さんとともに時代を生きた人達の為の本だと思いました。
「列島改造論」に導かれ日本の高度成長期を担ってきた世代には、石原さんによる「イタコの口寄せ」のような一人称で書かれた「俺」は、まるで角栄さん自らが人生を回想し独り語りしているように読めるのです。
ついでに言うと、最近「老眼」の仲間入りを果たした自分にも、この本の「極大の活字」はとても読みやすく「読者の年齢層」を見越した出版社のマーケティングの巧さも感じることができたのでした…(笑)

余談です。。。
ここ最近、石原慎太郎さんメディアに登場してますね~。
豊洲市場の盛り土問題…。 どんな結末になるんでしょうか…。
誰もが納得のハッピーエンド… ちょっと難しそうですね~~。

[PR]

# by mm762c | 2016-09-20 22:36 | 読書 | Trackback | Comments(0)

青春18きっぷ。。。2016(高野山にて…)

世界遺産・高野山・奥の院です。
「奥の院」とは「一の橋」から「弘法大師の御廟」に向かう参道のことのようです。

ケーブルカーを下車したら高野山駅からは「南海りんかんバス」での移動です。

「奥の院口」でバスを下車し「一の橋」のそばまで歩いてくると、その「木」の存在感に圧倒されました!
いったい樹齢は何年なんだろう…。 しかも見わたす限り巨木ばかりなのです…。

平日、朝8時過ぎでしたが観光客は見当たらず、独りで参道を歩きます。
5分ばかり歩いたでしょうか、薄暗い参道の静けさと苔むした古い墓石群に、だんだん不安になってきました…。 
道を尋ねようにも人影がなく、このまま異界に迷い込んでしまいそうに思えてくるのです……。

とても心細い思いをしましたが、しばらく歩くと参道の草刈をしている人に会い、
この先に空海さんが今も瞑想を続ける「御廟(ごびょう)」があることを確認できました。

e0240426_19105992.jpg

どこの観光地でも外国の人をたくさん見かけるのですが、ここ高野山では欧米人がほとんどでした。
大げさでなく、観光客の半数近くは欧米人ではと感じました。

ちなみに前から来る一団も欧米の人達でした…。

e0240426_19102236.jpg

それにしても、遠近感がおかしくなるほどの巨木たちです。。。


e0240426_13391141.jpg

空海さんが「入定(永遠の禅定)」されてから1000年以上経つ今も、毎日食事が届けられているそうです。

ウィキペディアによると
「空海は入定したあとも諸国を行脚している説もあり、その証拠として、
毎年3月21日に空海の衣裳を改める儀式の際、衣裳に土がついていることをあげている」
のだそうです……(驚!)





以下は高野山での「キニナルいろいろ」です。。。
e0240426_13401133.jpg
こちらは大門そばのバス停前の老舗和菓子店。
バスを待ちながら、ご婦人2人が美味しそうにお団子を食べていました…。

この店の何がキニナルのかというと… 画面右のほう……。

e0240426_13403779.jpg

空海さんの「永遠の禅定」に倣い「永遠のフィルム売り」になった「ジャンボマックス」です…!

胸の24の数字は「24時間・365日営業」の決意のあらわれでしょうか?

空海さんにはまだまだ及びませんが、40年もの長い間ここでこうしているんですね~(笑)


次はコレ。。。
e0240426_13384240.jpg

高野山の荘厳な雰囲気をさりげなく、ぶち壊している「こうやくん」。

ゆるキャラに罪はありませんけどね~(笑)


e0240426_13393676.jpg

最後はこの人!
この旅で2度目の驚きでした!!!

側面には世界平和を祈念する文字がありました…。



まだまだ続く!(笑)









[PR]

# by mm762c | 2016-08-26 23:26 | | Trackback | Comments(0)

青春18きっぷ。。。2016(キニナルいろいろ・・・。)

普段はカメラなど持ち歩かない自分ですが
旅先では「キニナル」ことに遭遇するとついシャッターをきってしまいます(笑)

e0240426_13300247.jpg

尾道・千光寺公園・展望台からの眺めです。
右手前の尾道市立美術館の裏を通りながら高台から海沿いへと徒歩で下ります。
観光客の通らない裏道ですね。。。

大きな建物の敷地から離れると道が急に狭くなります。 人がすれ違えるギリギリの道幅です。
緑の切れ目から海が望めますが、まだまだ結構な標高の場所です。
道が狭い階段しかないので「自転車・バイク・車」は使えないのではと思われます。
人が生活している気配がある家もありますが、空き家のような家もみられます…。

右下画像  しばらく下っていくと「アパートの廃墟」のような場所に行き着きました。


e0240426_14402638.jpge0240426_14404365.jpg





























ちょっと近づき難い雰囲気が漂っています…。
もう長いこと人が住んでいないようです。 その奥にもなにやら怖そうな建物が…。

e0240426_13320163.jpg


e0240426_13305242.jpg

壁の落書きを見たとたん「ぞぞぞ~~」っと鳥肌が立ってしまいました……(怖~!)

あんまり怖いので遠くから撮影。

建物をひと回り確認する勇気など自分にはありません! 

アパートの窓から「何か」が見ていると怖いので振り返らずここを後にしました。。。

幸い、祟りなどはありませんでしたが、
写真を数枚撮っていただけで短パンの足を蚊に13こも刺されてしまいました(笑)

画像に「何」も写っていませんように…。

e0240426_13293703.jpg

おまけ画像。
千光寺境内で見つけた看板入りのベンチ。

なごみますね~。





[PR]

# by mm762c | 2016-08-21 15:33 | | Trackback | Comments(0)